2022年11月23日水曜日

【獣医師のお話】世田谷獣医師会より・寄稿シリーズ4 学校飼育動物について(獣医師会の取り組んでいる事業)

 ★飼い主の皆様へ気になる話題をわかりやすくシリーズでお届けいたします。

 第4回は学校飼育動物についてです。

                 ご寄稿  獣医師 医学博士 本間義春 先生


 


 今回は、病気や健康のことではなく、獣医師会が取り組んでいる事業についてご紹介させていただきます。ペット防災せたがやネットワークの皆様もご存じのように、獣医師会に所属されている先生方は、日々の診療の他に、人獣共通感染症の情報共有と飼い主様への注意喚起狂犬病予防事業不妊事業、防災面でのアドバイザー的役割、子供たちに命の大切さを教えるための学校飼育動物指導など、先生によって多少の温度差はあるものの、役割分担をしてご尽力いただいています。

これらは、ペットや飼い主様のためだけではなく、区民、都民のため、また、将来を見据えた大切な活動です。

小学校の教員の皆様は、マスコミでもたびたび取り上げられるよう、オーバーワークで大変です。飼育動物の様子を見たり、生徒さんたちに指導する余裕はほとんどなく、「なんとなく情操教育のため学校で飼育している」というのが現状の様です。

 東京都獣医師会と東京都教育委員会の間で、2年間ワンセットで、都内の5校の小学校に手を挙げてもらい、「小学校動物飼育推進校事業」を実施しています。

世田谷支部では、

過去に、平成2627年度に区立山野小、平成2829年度に区立松原小、そして、令和23年度に区立太子堂小学校で、事業を実施してきました。令和45年度も区立松沢小で実施する予定です。



学校飼育動物に対する知識、生徒さんへの獣医療の現場ならではのお話をすることで、動物に親しむこと優しく接すること動物を思いやる心を育てる事、高学年でのキャリア教育が大きな目的となっています。 

 具体的内容としは、事前に小学校と打ち合わせを行い、12年生のふれあい教室、6年制には獣医の仕事というキャリア教育、飼育委員会指導などを行います。内容は学校ごとに異なりますが、基本は同じです。

 例年、授業もふれあい教室も、対面式の授業を実施していましたが、特に、令和23年度に実施した太子堂小の場合、新型コロナ禍での授業なので、かなり苦労いたしました。

ふれあい教室と飼育委員会指導は、対面式で行い、その他の授業はZOOMを用いて非対面式で行いました。

 低学年のふれあい教室では、事前にウサギの抱き方や心臓の話など簡単にZOOMで授業を行った後、ふれあい教室で実際に犬やうさぎとふれあい、心音を聴いたり、実際に手術で用いる器具などを見たり触れたりして、命の大切さを少しでも肌で感じてもらおうという試みです。コロナ前でのふれあい教室では、一人ひとり聴診器でウサギの心音を聴いてもらいましたが、コロナ禍では、拡声器を用いて、皆で一度に聞くようにしました。実際に、ウサギや犬の心音を聴いた時に、目を丸くする生徒さんたが、今でも忘れられません。





 飼育委員会の指導は、実際にうさぎ小屋の環境を視察、指導し、ウサギの飼育についての知識を伝えます。飼育委員会の生徒さんから低学年の子供たちに、会得した知識を教えてあげることも大切です。太子堂小では、ものすごく臆病であった2羽のウサギが、飼育委員会指導により、翌年には、ふれあい教室でおとなしく生徒さんたちに抱かれるまで性格が変わったことで、副校長先生をはじめ。皆驚かれていました。




 過去の、小学校でのキャリア教育の授業でも、諸先生方の個性に合わせた授業が行われて、確実に、教育的効果が得られているようです。

 

 これら授業を受けることで、将来獣医さんになってみたいという生徒さんの意見も多々聞かれました。また、実際に、ゆとり教育の時代に私自身で山野小から依頼され独自に授業を行ったときの生徒さんが、なんと、今は、自分の病院の動物看護士として仕事をしています。公立の小中学校では、手術などの重症例を除き、基本的には学校動物の診療、治療、指導を世田谷支部では無料で実施しています。獣医師会のほとんどの先生方も、日々の診療の中でも、子供たちに、いかに、思いやりをもって動物に接するか、心を砕いて接していると思います。

また、公立の学校は災害の際の避難場所に指定されますので、一見関係のないように見えますが、小学校との関係を良好に保つことが、防災活動にも活かされてくると思われます。

 これを機に、ワンちゃん猫ちゃんは、今何を考えているのだろう、どのように感じているのだろうという、相手を思う気持ちについて、御家庭内でお話しすることができると、優しい気持ちを育てることになるのではないでしょうか?

 動物を飼っていないご家庭でも、授業の後で話し合いをしているようで、何年か後に、

保護犬を受け入れたご家族もあり、そういう話を耳にすると、この事業を継続していくことの大切さを感じさせられます。

 令和45年度は、松沢小ですが、1学年5クラスのマンモス校で山野小と同程度です。

すでに、1年生の授業(9/8)、ふれあい教室および飼育委員会指導(9/13)を対面式で実施いたしました。授業の様子の一部は、松沢小HPの学校日記に掲載されていますので、ご参照ください。

 

2022年9月14日水曜日

【お知らせ】10/20(木)ペット防災講演会開催

 『ペット防災講演会のお知らせ』 

 

■開催日:2022 1020日(木)

■時間:9:3011:30  

■受付時間 開始10分前の920分〜

■場所:中町ふれあいの家

https://www.setagayashakyo.or.jp/service/sasaeai/kyoten/page-20150220142447/

■対象 世田谷区在住でペット防災に関心のある方

■定員 20

■参加費500円 *当日は動物の同伴はできません。

■主催 ペット防災せたがやネットワーク

令和4年度 地域の絆連携活性化事業として開催します。

 

講演会内容

 1.「災害時動物病院はどうなるの?災害時の世田谷区獣医師会の対応」

おはなし:世田谷獣医師会 防災委員長 アルマ動物病院 長谷川院長

 

2.「災害が起きたら、どんな行動をとればいいの?災害時のペット同行避難の現状」

おはなし:「ペット災害危機管理士 倉田美幸さん

 

3.「災害に備える、防災グッズ紹介、ペット防災せたがやネットワークについて」

おはなし:ペット防災せたがやネットワーク代表 防災士 浜田あゆり 

 

 


■お申込み方法 

 petbousai@gmail.com あて メールにて下記1から7の内容を記載の上お申込みください。

 

件名「ペット防災講演会」

1,お名前 (ご家族で参加の方は代表者名をお書きください)

2, お申込み人数 *ご友人と参加の場合はお一人ずつお申込みください。

3,ご住所

4,連絡先電話番号

5,ペット防災せたがやネットワーク会員又は非会員か

6,ペットの種類

7,日ごろから気になっている事や質問したい事

 

■お問い合わせ (担当 浜田)

メール  petbousai@gmail.com あてお願いします。

2022年8月11日木曜日

【獣医師のお話】世田谷獣医師会より・ 緊急寄稿 犬の熱中症について

 ★飼い主の皆様へ

 猛暑が続いています。犬の飼い主の皆様へ「熱中症」について世田谷獣医師会より緊急寄稿いただきました。ぜひご覧ください。
 ペットとともに酷暑を無事に乗り切れるよう、どうか十分にお気を付けください。


                 ご寄稿  獣医師 医学博士 本間義春 先生

          

 

今年は、7月には最高気温が35℃を超える猛暑日が続くような、異常に暑い夏です。

人では、新型コロナと熱中症患者が搬送されてくるため、大変な状況に陥っているようです。まだまだ、酷暑は続きますし、残暑も長く続くかもしれません。

 

P防様に参加されている飼い主様であれば、熱中症のことは、常識的な話かもしれませんが、いくつか、大切な要点を押さえておきたいと思います。

猫に関しては、熱中症の症例は犬と比較すると極めて少ないため、割愛させていただきます。

 



1        犬は人間より体高が低いため、お散歩で、道路の熱反射の影響を受けやすいので、

昼間のお散歩は日陰を通るにしても避けるべきです

お散歩前に、ご自分の手で道路の温度を確かめることをお勧めいたします。

高齢犬や心臓病などリスクを抱えている場合は特に用心してください。

人とは異なり暑いとかダルイとか言えませんので、お散歩中も、呼吸が荒くなっていないか、ふらついていないか、など様子を十分注意して観察してください。

散歩中は一休みしつつ、犬用のポカリで水分補給することも良いでしょう。


2        犬には汗腺がほとんどないため、体温調節を呼吸にゆだねていて、高温や多湿の場合、熱の逃げ場がなくなり体温が上昇しやすくなります。これは、屋内、屋外ともにいえることです。人よりも熱中症にかかりやすいと言われる所以です。

夜に気温が下がってきても、湿度が高い時は要注意です。

日中は勿論のこと、夜間もドッグランなどで激しい運動をしたり興奮することは避けましょう。


3        室内犬でも、クーラーのスイッチを入れ忘れたり、温度調節の間違いは事故につながります。帰宅為された時、愛犬がアワを吹いて痙攣をおこしている、なんてことのないよう、ご注意ください。


4        トリミングに出す時も、多頭数をケージに入れて集めて回っていないか注意してみてください。仮に車中で空調を利かせていても、多数のケージに入れられてしまっては、ケージ内で熱がこもってしまい、到着直後のお散歩時に熱中症になったり、トリミングから帰ってきたときに体調を崩してしまうケースも見受けられます。

ご自分でお店まで、できれば車でお連れ頂くことが、一番安全です


5        旅行に連れて行くときなども、ケージに入れる場合、通気性の優れたものを選ぶべきしょう。また、人間のお子様同様、車中に長時間置き去りにすることも避けましょう。


 



 

では、もし、愛犬が熱中症になってしまった場合、どうしたら良いでしょうか?


1      まず、首、脇、内股など太い血管が存在する場所を、タオルをまいたアイスノンで冷やしましょう。ただし、体が冷えてきたから大丈夫と自己判断することは、大変に危険です。


2        熱中症になったとき、全身の体温がひどい場合44℃くらいまで上昇しています。

40℃を超えると、体のタンパク質が破壊されてしまいます。脳、神経細胞、その他の内臓など、ありとあらゆる臓器がダメージを受けていて、適切な処置を施さないと、仮に体温が下がったとしても、多臓器不全を起こし死に至りますので、1で書いたように、体温を下げつつ、動物病院に必ず連れて行ってください。


3        旅行先など必ずしもかかりつけの病院に連れていけないケースもありますので、特に、心臓、その他持病を持っている場合、どのようなクスリを常用しているのか、どんな持病を持っているのか、処置をするドクターに説明できるようにしておいた方が良いと思います。


4        一番大切なことは、目の前で愛犬がアワを吹いて痙攣をおこしていても、慌てずに冷静に対処することです。そのためには、すべての危機管理に関して言えることですが常日頃から上記対処法をイメージトレーニングしていただくことが大切だと思います。

 

行動制限がなく、新型コロナも爆発的感染拡大を見せていますが、熱中症にも気を付けつつ、ペットとともに酷暑を無事に乗り切れるよう、どうか十分にお気を付けください。




2022年8月4日木曜日

【獣医師のお話】世田谷獣医師会より・寄稿シリーズ 3 マイクロチップ(MC)について

 ★飼い主の皆様へ気になる話題をわかりやすくシリーズでお届けいたします。

 第3回は 「マイクロチップ(MC)」についてです。

                 ご寄稿  獣医師 医学博士 本間義春 先生



6月から改正動物愛護管理法が施行されました生後30日齢の犬や猫へのマイクロチップ(以下MC)の装着が義務化となりました。MCを装着した獣医師は証明書を発行しなければいけません。現在飼われている方は、努力義務です。




MCを装着することには大きな意味がいくつかあります。

 

【その1 】 飼い主およびその責任をはっきりさせること

 MCの情報には、国籍から飼い主の氏名、犬猫の種類年齢、性別、装着した獣医師の氏
名などが含まれています。新型コロナの影響でペットを飼う人が増えましたが、捨て犬。捨て猫を増やさないため、飼い主の所在と飼育責任をはっきりとさせる意味があります。


【その2】 迷子になったとき(特に災害時など)

 災害時に離れ離れになったとき、MCが装着されていれば、誰の犬や猫だか、すぐに判明します。
 *注 災害時には犬猫の迷子が多く発生します。鑑札や迷子札などを身につけていなかっ たり、つけていても混乱の中でなくしてしまうことも多々あります。


【その3 】出入国の際に必要

 先日ウクライナ難民の連れてきたペットの受け入れに関して、ネットで炎上がおきたようです。その後の農水省の説明を見るところ、対応に問題はなさそうです。ただし、猫は逃げやすいので心配です。(*犬に用いている狂犬病ワクチンは猫でも使用可能です)

海外赴任の際、あるいは、他国の人が日本在住時に飼われた犬や猫に関しては、MC装着後1か月間隔をあけて狂犬病予防注射2回接種更にその一か月後に、抗体価を測定して規定値を上回っていれば、出国が許可(出国の際数か月は時間に余裕を持ってください)されます。抗体価の有効期限は2年間です。

渡航先でも定期的ワクチン接種を行ってください。


【その4】今後MCを装着して譲渡された犬は、保健所での登録の必要がなくなる

 MCの登録は、基本、環境省に登録する方法(法的に絶対に必要です)と、
AIPOなどの団体に登録する方法があります。
 
環境省の登録データは保健所と共有されるため、従来行われていた、登録して鑑札をもらう事の必要はなくなります。しかし、AIPOなどの団体に同時に登録することも強くお勧めいたします。 *環境省、AIPOへの登録には、各々費用が1050円、300円かかります。

 迷子になってしまった際、飼い主様から環境省や保健所にMCのナンバーを問い合わせても情報を開示してもらえません。AIPOなどであれば、情報を教えてもらい、確認を取ることができますので、双方に登録するのがベストだと思います。





 ただしMCの情報がちゃんと飼い主様の名前に変更されていなければなりません。
購入譲渡時にはペットショップやブリーダーなどの名前で登録されていると思われますので、変更手続きをしなければなりません。現在登録済(一生に一度です)のワンちゃんは、そのままでも大丈夫ですが、なるべく装着してください。




 まだ、施行後間もないため、現場でも混乱を生じています。現時点で知りうる限りの情報は書きましたが、なるべく、かかりつけの病院にお問い合わせいただき、確認してください。

 

2022年7月3日日曜日

【獣医師のお話】世田谷獣医師会より・寄稿シリーズ 2 狂犬病予防注射は何故法律で義務づけられているの?

 ★飼い主の皆様へ気になる話題をわかりやすくシリーズでお届けいたします。
 第2回は「狂犬病予防注射は何故法律で義務づけられているの?です。

                 ご寄稿  獣医師 医学博士 本間義春 先生

 

世田谷区の狂犬病定期予防注射の実施期間が終了いたしましたが、接種し忘れた方はいらっしゃいませんか? 
そのままにしておくと、保健所から督促状がお手元に届きます。

 そもそも、何故他のワクチンと異なり、狂犬病予防注射の犬への接種が、法律で義務付けられているのでしょうか? 狂犬病という病気を良く知っておくことと、今の世界情勢から考えると日本への侵入リスクが高まっていることをよく考えておきましょう。



日本は、先輩獣医師の努力により、数十年にわたり一部例外(ヒトの場合海外渡航先で感染し帰国後発症した例)を除いて、狂犬病の発生が認められていない数少ない国の一つです。

それ故に、狂犬病を発病した犬などを実際に診察した先生は、高齢化のため、ほとんどいないのが現状です。狂犬病と確定診断を下すためには、疑いのある動物を殺処分して、脳の海馬という部分を調べて、そこにウイルスが存在しているかを確かめなければならないという事も、厄介な点です。

狂犬病ウイルスは哺乳類すべてに感染する可能性がある珍しいウイルスです。
たいていのウイルスは宿主特異性と言って同じ動物の間では感染しますが、他の動物に感染することはありません。動物により感受性の差はあるものの、ヒトや犬では、唾液など(咬まれた傷からウイルスが侵入します)を介して感染し、ひとたび発病すれば、ほぼ100%死亡してしまう恐ろしい病気です。

戦後しばらくは感染した野良犬が多かったことと、感染した犬は文字のごとく攻撃性が極端に強くなり人に向かって噛みついたため被害が拡大したことより、野犬の捕獲と狂犬病予防注射の義務化がなされたと聞いています。

猫は現時点で発生例がないので完全室内飼いであれば、ワクチン接種の必要はないと言われていますが、日本で最後に狂犬病を発病したのは猫だそうです。猫は病気になると暗くて狭いところに隠れてしまいますが、狂犬病を発病した猫は、攻撃的になると言われていますし、猫を飼う比率も増加していて、自由に外へ出入りしている猫も多いと思われます。

海外との貿易がさかんになり、貨物などに紛れ込んで、ウイルスに感染した動物が侵入する危険性も、毎年増加しています。侵入したウイルス保有動物が野生動物と接触、咬傷などから感染し、さらに、その動物が散歩中のワクチン未接種の犬や外で遊んでいる猫と遭遇して喧嘩などをすれば、家庭内に狂犬病を持ち込むことになります。更に、気が付かないでいれば、感染は急拡大します。勿論、近くにいる人も危険です。

世界情勢の変化とともに、海外から感染動物が侵入してくるリスクが増大しているので、将来的にはネコのワクチン接種もMC装着同様、義務化されるかもしれません。




上記理由から、狂犬病予防注射は法律で犬への全頭接種が義務付けられているのです。
狂犬病予防法という法律は、人の命を守るための法律でもあることを忘れてはいけません。新型コロナワクチン接種同様、集団免疫率(残念ながら現状では全国平均の接種率でも50%に達するかどうか程度です)をあげ病気の拡散を防ぐことが重要です。





2022年6月8日水曜日

【獣医師のお話】世田谷獣医師会より・寄稿シリーズ 1 「 マダニのちょっと気になるお話し」

  ★飼い主の皆様へ気になる話題をわかりやすくシリーズでお届けいたします。

 第1回は「マダニのちょと気になるお話し」です。

                 ご寄稿  獣医師 医学博士 本間義春 先生

 

ペット防災せたがやネットワークの皆様には、東京都獣医師会世田谷支部長任期中に、多摩川決壊を機に、防災に関していろいろと、つながりができ、HPでもたびたび名前をご紹介していただいていましたので、はじめまして、ではないかもしれませんね。しばらくの間、なるべく解りやすいような文書をアップしていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。



今年は、寒暖の差はあれ、少し季節の進み方が早いようです。この文書を書いている5月中旬でも、外は30℃に迫る暑さです。

狂犬病予防注射月間は46月ですが、すでに、フィラリアやノミ、マダニの予防も開始されている飼い主様も多いと思います。

マダニは、芝生や草木に潜んでいて、1匹が約千個の卵を産みます。子供のダニ(幼ダニ)から大人(成ダニ)になるまで、吸血しつつ3回程度脱皮を繰り返します。

ペットでマダニが寄生しやすい場所は、主に草むらに顔を突っ込むので、顔の毛の少ない皮膚の露出された、耳の淵、目の周り、口唇部、などです。


成ダニが血を吸うと豆のように黒いイボのように見えますが、もし、ウイルスを含んでいた場合つぶすのは非常に危険なので、見つけても取ろうとせずにかかりつけ医に連れて行ってください。

足やおなかの皮膚にもつきやすく、特に幼ダニが寄生した場合、成ダニとは異なり、体高の低い犬は、おなか一面に湿疹ができたように見えます。赤い湿疹の真ん中に黒い点のようなものが見えます。


SFTS(重症熱誠血小板減少症候群)という病気ですが、ウイルスによる感染症です。数年前に中国から侵入し、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることで、野生動物、ペット、人が感染し、発病した場合、人では約230%の死亡率があると今までの研究ではわかっています。




感染した動物では、発熱、食欲不振、嘔吐、黄疸、頭痛(ヒト)などの症状が認められ、血液検査を行うと、血小板や白血球の著しい減少と、血清ビリルビン値の上昇が認められます。犬は比較的無症状の場合も多いのですが、猫の場合感染した半分が1週間以内に激烈な症状でなくなってしまうようです。外におでかけする猫ちゃんは要注意です。

数年前に中国から侵入し、主に九州中国地方などで流行し始めましたが、シカやイノシシなどの野生動物がウイルスを保有したマダニの運び屋となり、徐々に北上し、昨年には、人では初めて、箱根の山を越えた千葉県で死亡者が発生いたしました。

 関東地方以北の獣医師は、ほとんど、診察経験がありません。感染した獣医師の話を聞くと、感染猫の採血の時に飛び散ったウイルスを大量に含んだ血が目の結膜について、そこから感染してしまい、数日でICUに入院し生死の境目を漂ってしまったそうです。世田谷区は緑の多い公園や、多摩川の河川敷など、都会の中では野生動物が生息しやすい環境が多いので、獣医師会の先生方の間でも、今後、九州のような状況になることを危惧しています。

 新型コロナの様々な行動制限も緩和されてきた今、皆様も公園の散歩や、野外にお出かけの際は、皮膚の露出部分をできるだけ少なくマダニがつかないように、ペットには必ずノミダニ予防を行ってください。

2021年11月26日金曜日

【防災のおはなし】地震に備える~もしも直下型地震がおきたら?

 もしも、直下型地震がおこったらどうやって家族や動物たちの命を守りますか?

当ネットワーク代表理事、浜田あゆりより、地震への備えについてお話しいたします。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1120日に東京23区を震源とする地震が発生しました。

首都直下型地震はいつおきてもおかしくないと言われています。

もし地震が起きたら、どうやって命を守るのか、家族や動物達をどうやって守れるのかを身近な人達と日頃から話し合ってほしいと思います。 

その為には、

想像力を働かさなくてはいけません。起こってほしくない、最悪なケースを想像して、1つずつ問題点、疑問点をクリアにしていきます。 

例えば、

「家族全員が仕事や学校でバラバラの場所にいます。動物達は家でお留守番している時に地震が起こったら…。」すぐに自宅に帰れない、家族と連絡も取れない、いつ自宅に戻れるかもわからない状況になった時、どんな行動をとるのか、動物達はどうすればよいか。

 「家族揃って自宅にいたけれど、火災が起きたり、建物倒壊の危険があった場合、」動物達と一緒にどこに避難すればよいのか、何も持って避難するのか。

 

連絡手段(伝言ダイヤルやSNS避難場所集合場所は決めておきましょう。また、留守の時は自宅の様子を見に行ってくれる人(共助)がいると安心ですよね。 

災害時は自宅避難ができるにこしたことはありませんが、どんな状況になるかは、災害が起きた時にしかわかりません。何もない、平時にこそ、準備をしておく事が大切です。

 

■季節ごとに防災グッズも見直しましょう。

 これからの季節は防寒対策が必要です。ライフラインが途絶えた時の事を考えて、保温効果のある物やカイロなど準備しておくと安心です。 

災害時に必要な防災グッズ、あれもこれも必要かも!と準備していると、かなりの量になってしまいます。全てを防災リュックに詰め込んでも、災害時にそれを担いで、動物達を連れて移動できるのか…。

 


我が家には3匹の犬がいます。家族で担当の犬を決めていますが、災害が起きた時1人で避難しなければいけない状況になるかもしれません。 

犬は歩かせずにスリングやキャリーバッグに入れ、3匹一緒に入れるクレートを持ち、防災リュックを背負ってマンションの非常階段を使って避難所まで行くという事をやってみました。 普段なら避難所まで7分ですが、マンションから外に出るだけで5分かりました。災害時瓦礫が倒れて足元が悪かったり、まわり道をすると、30分以上かかるかもしれません。

我が家の犬は小型犬で、3匹合わせて15kgほどです。防災リュックには、飲料水、食料や犬用の物なども入っていて、約15kgの重さになっていました。災害時にこんな状態で避難するのはかなり難しいです。優先順位をつけて、最小限の物をもって避難しなければなりません。 

何を優先するのか、もちろん命が一番ですが、は災害が起きた時の事をいろいろなケースをシュミレーションして、その時に応じた災害準備が必要となってきます。

 災害時に動物同伴ができる避難所はまだまだ少ないです。避難所の設営は地域の方々で行っているので、防災担当の方々も被災者となります。そのため、動物同伴スペースなどは後回しとなるケースも少なくありません。

常日頃から、地域の避難訓練に参加したり、防災情報をチェックしておくと、いざという時にも落ち着いて行動が取れるようになり安心です。

 

 




【自宅に備えておきたい物】

●水113ℓ4ℓ、犬は1kgにつき15080ml

●主食になる食料(レトルトご飯、麺、缶詰、レトルト食品、冷凍食品など)

●野菜ジュースやゼリー飲料

●常温保存の食料(ソーセージ、お菓子類など)

●栄養補助食品

●衛生用品、常備薬(医師、獣医と相談して2週間〜1ヶ月分ストックできるようにしておくと安心です。)

●液体歯磨きやうがい液

●ウェットティッシュや消毒液

●マスク

●フード(ふだんから保存できるフードを見つけておくと、いざという時に安心です。)

●レトルトのフードやスープ(水をあまり飲まない、水がない時に水分補給ができます。)

●ペットシーツ(厚手の物を用意しておくと、トイレが使えなくなった時に人も使えます。)

 

これらはローリングストック法で最低1週間分を目安に常備しておくと安心です。

 

 

<役立つグッズ>

●トランジスタラジオと電池

LEDの懐中電灯

●ポリ袋やラップ類

●カセットコンロ

●携帯充電器

●発電機

●防風防水の上着や靴

●臭いがでない袋

●クレート(不測の事態が起きた時に、クレート訓練できていると安心です。)


浜田 あゆり(代表理事)

Sweet Dog





2021年8月20日金曜日

【防災のおはなし】【獣医師のおはなし】災害に備える日頃からの健康維持

 いざというときに備えて飼い主ができるペットの健康管理はなんでしょう?

当ネットワーク理事、世田谷区獣医師会所属 獣医師 長谷川 承(しのぐ)より

災害に備える日頃からの健康維持について、お話しいたします。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

災害に備える日頃からの健康維持


災害時の同行避難では、ペットを取り巻く環境は大きく変わります。 ほとんどの避難所では持参したケージに入れられ、飼い主とは別の指定された場所で管理されることになります。そして、指定場所もほとんどが屋外を想定しています。 この様な環境下での避難生活に対して、獣医療から想定しなければならないことは多岐に及びますが、大きく3つに分けられると思います。

 *画像提供 菊池ひとみ


つまり、 1.個としての獣医療:個々のペットの健康維持。 2.獣医衛生:ペットが集まることによる衛生問題。 3.公衆衛生:ペットと人との間の衛生問題。 となります。
今回は1.「個としての獣医療:個々のペットの健康維持」について解説いたします。



1. 個として獣医療 
「災害に備えて薬を少し多めに貰っておいて良いでしょうか?」 ここ最近飼い主様からこの様な言葉をよく伺うようになり、災害に備える意識が高まっていることを感じます。では、災害に備えて日頃からペットに対して行っておくべきことを考えてみましょう。
① 定期的な予防接種と予防薬の準備 予防接種の対象となる感染症はほとんどが空気感染です。ですからペットが集まる環境下では感染症が発生しやすくなり、ペットの避難場所はまさに「密」な環境となります。 この観点からも、定期的な予防接種を受けておくことはとても大切です。
「うちの子はもう歳だからワクチンは必要ないですか」という言葉をよく伺います。
この問いに対しては
「人でも感染症にかかりやすいのは幼児と老人ですよね。」 ですから高齢になるほど予防接種は必要となります。
とはいっても、疾患を抱えていると心配です。こんな子には抗体価の検査をして、予防接種の必要性を判定することができます。かかりつけの先生にご相談になると良いでしょう。

そのほかには、同行避難の場所は屋外が多いため、フィラリアやノミ・ダニなどの寄生虫に遭遇する可能性は高くなります。このため(特に4〜12月は)予防薬を少なくとも1回分(1ヶ月分)は余分に用意しておくと良いでしょう。




② 食事の備え 災害に備えて人では最低3日分の水と食料を用意するようにいわれています。これは3日目までには水と食料が被災地に届けられる想定になっているからです。 これに対してペットの食料はもっと日数が必要であることは容易に想像できます。 ですから日頃からペットの食事は人の物よりも多い日数を備えておくことが必要です。 特に、処方食が必須となる疾患(腎不全、消化器疾患など)では、より長期間備えなければなりません。 最近では処方食のバラエティーがとても多くなり、ほとんどの処方食がインターネットで購入することが出来るようになっています。このため動物病院でも全ての処方食を充分な量を取り揃えていないため、災害時に提供するのは困難なことが予想されます。

③ 疾患に対しての備え 腎不全や心不全、内分泌疾患などの慢性疾患では毎日の投薬が必要な場合が多く、災害時でも中断することはできません。 災害時に動物病院は被災していなければ救護所となりますので、ストックしている薬を処方することは可能ですが、充分な日数分にはならないと予想されます。また、動物病院が処方する7〜8割の薬は人薬ですので、災害時には人優先となり動物への供給は遅延すると思われます。 このことから最低でも1ヶ月程度の薬を余分に持っておくことをお勧めします。 しかし、中には使用期間が1ヶ月ない薬もありますので、予めかかりつけの先生に確かめておく必要があります。 それでも長期にわたる避難生活では薬が無くなってしまうと処方を受ける必要があります。このため、薬の名前は必ずメモっておくなど、分かるようにしておきましょう。





④ 常備薬の備え
「うちの子はホテルに預けると、帰ってきてお腹を壊すのよね。」これも良く聞かれることです。 避難生活はペットにとっても大変ストレスフルな状況となりますので、お腹の弱い子など体調を崩しやすい子は常備薬もしっかり持参できるようにしておいて下さい。

⑤ 避難時の体調変化に備えて 避難生活はストレスフルな環境です。最近のペットはストレスに対しての許容が低下しているように思います。過度のストレスに対しては、主に食欲低下、嘔吐・下痢などの消化器症状が現れます。これが進行すると発熱や沈うつなどもっと重篤な症状になります。もともと疾患を持っていたり、夏や冬などの過酷な環境下では容易に重篤な状態になりやすくなります。 このため、避難生活中にはできるだけしっかりと観察をする必要があります。

⑥ 体調を把握するために 体調の変化を判断するためには日頃から体調を把握しておく必要があります。
・体温:熱発では耳が熱くなります。ペット用の体温計を用意しましょう。 平熱:犬37.0〜38.8℃、猫38.0〜39.0℃ ・呼吸数:胸の膨らみや鼻に手をかざして測定します。 正常呼吸数:犬10〜30回/分、猫20〜25回/分 ・心拍数・脈拍数:肘のあたりの胸を左から触ると鼓動を感じられます。 正常心拍数:犬70〜120回/分、猫100〜120回/分 ・貧血・末梢循環:眼結膜(白目)の血管が見えるか?歯茎がピンクか? これらのことをいつも感じられるようにしておくようにしておきましょう。 以上が個としての獣医療となります。「うちのペット」は言うまでもなく飼い主の責任で管理・監視しなければなりませんので、日頃から健康の備えをしておく必要があります。







長谷川承 (しのぐ)  (理事)

アルマ動物病院院長 

獣医師。

ペット防災せたがやネットワーク理事


2021年7月20日火曜日

【防災のおはなし】災害に備える日々のしつけ 〜まずはクレートを身近な居心地の良い場所に〜

 いざというときに備えて飼い主ができるしつけはなんでしょう?

当ネットワーク理事、ドッグトレーナーの川原志津香が災害に備える日々のしつけ、クレートについてお話しいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「地震だ!」大きな揺れを感じると、日本に暮らす私たちは、机の下に避難するように子供の頃から何度となく教わってきています。

では、大きな地震に遭遇したときに、犬たちはどうでしょうか?
揺れと同時にガタガタと家の中の物が音を立てるのにびっくりして吠え、不安で逃げ回る犬もたくさんいます。
地震大国日本では、体に感じられる大小の地震が年間を通して起こりうるのですから、ぜひ、犬たちのための備えもしてみませんか?

とは言っても、犬たちにとっては「地震だから」「避難訓練だから」といった違いは分かりません。本物の地震のときにはこうしなさいねと言葉で説明することもできません。

では、どうしたら良いのでしょうか?
簡単です。
地震が起きても、その中にいれば安心安全という場所を、日頃から大好きな場所にしておけば良いのです。

(クレート内で熟睡)


安心安全な場所として、私たちはクレートを日頃から使ってくださいと飼主様方にはお伝えしています。

クレートというのは、プラスチック製の箱型のハウスのこと。
最初に子犬を家に連れてきたときや動物病院に連れて行くときだけ使うという方も多いのですが、これを日常的に使ってあげることで、安心してくつろげる場所を作ってあげることができますし、いざというときの備えにもなります。

狭い場所に閉じ込めるのはかわいそう、という声もよく聞かれます。
でも、もともと犬はこっそりとした居心地の良い場所が好きですから、無理矢理中に押し込んで扉を閉められたという嫌な体験がなければ、置いておけば意外と自分で中に入って寝ていることもあるぐらいです。

普段はクレートを片付けてしまっているという方も、試しに普段犬が生活しているリビングの一角にクレートを扉を開いた状態で置いてみましょう。
中にフードを少し入れてあげて、自分で中に入るようにしてみます。
行けば時々フードが中に入っているという場所があれば、度々見に行くようになるはずです。お気に入りのタオルやベッドがある場合は中に入れてあげても良いでしょう。
出入りしているうちに居心地の良さを感じて、中で過ごす時間が増えてくると思います。
どうぞ試してみてください。

(気がついたら入って寝ていることも)


間違っても、中に入りそうになったところをお尻を押して中に入れようとしてはいけません。そんなことをすれば、次からは騙されないぞ、と言わんばかりに後ろを振り返りつつ、後ろ足を出来るだけクレートの外に置いたままフードだけ取って急いで逃げる子に育ててしまいますから。

もし、すでに何度か無理矢理押し込んでしまってすっかりクレート嫌いにしてしまっているという方も、諦めずに、上のようにフードを中において、自由に取りに行かせる方法を試してみてください。
人が見ている限りはクレートに近寄らないほど嫌いになってしまっているかもしれませんが、根気よく繰り返していると、自分でフードを取りに行くようになるはずです。

日常的に使うことでクレートという場所を居心地の良い安心な場所と認識してくれたら、特別なトレーニングをしなくても大きな揺れを感じたり、不安な気持ちになったときに、自らクレートに逃げ込むという行動を取る犬も出てきます。

クレートを身近なものにしてあげること。
早速犬の生活するスペースにクレートを置いてみてください。

え、クレートをお持ちではない?小さすぎる?

そんなご家庭では、まず、ご自身の犬に合うサイズのクレートを用意してあげることから備えを始めましょう!

もちろん、揺れを感じた飼主が「ハウス」と言えば自らクレートに入るようにするようにも練習もできます。また、いざ避難という事態には扉を閉めて中に入っていられるように短い時間から徐々に練習していくこともできます。

その練習方法についてはまたの機会にお話しすることに致しましょう。





川原 志津香 
Can ! Do ! Pet Dog School家庭犬しつけインストラクター
CPDT-KSA
東京都動物愛護推進員
日本ペットドッグトレーナーズ協会 理事
ペット防災せたがやネットワーク 理事

2021年6月21日月曜日

【防災のお話】ペット防災~世田谷区獣医師会の取り組み

 ペット防災について

私たちペットの飼い主がお世話になっている動物病院の先生方。
世田谷区獣医師会では日頃の診療だけでなく

ペット防災については、
”大規模災害発生時に大切なペットと一緒に避難ができるよう”
#もしペットと離れてしまってもすぐに見つかるよう”
世田谷区とともに災害・防災対策の活動をされています。

ペット防災について、世田谷区獣医師会の取り組みについて
支部長本間義春先生、防災委員長田部久雄先生に原稿を寄せていただきました。
ありがとうございます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ペット防災~世田谷区獣医師会の取り組み」


(公社) 東京都状医師会世田谷支部  支部長    本間義春 先生

                 防災委員長  田部久雄 先生


【1】獣医師会の防災活動への取り組みについて     

東京都獣医師会世田谷支部(以下獣医師会)では、世田谷区とペット防災に関する協議を行

い、災害時に獣医師会所属の動物病院が被災していない場合、負傷した動物の応急処置を

無料で行うという契約のみ締結していました。


 その後、東日本大震災以降、区民の皆様の防災意識が高まったことにより、

獣医師会は、保健所、街づくりセンターなどと相談し、会を5ブロックに分け、

ブロック毎に2名以上の防災委員を配置することで、ペット防災についての講演、避難場所

の確保、実地訓練など、アドバイザーとしてペット同行避難に貢献してまいりました。

                   *世田谷区獣医師会HPより

その効果もあり、平成30年には、たった2か所での防災講演も、令和元年には9かに急増

いたしました。

 令和1年は、台風19号による多摩川決壊もあり、地震対策だけではなく、温暖化による風

水害対策についても検討し、氾濫個所に一番近い支部員の先生に、当時の対処法を報告して

いただき、獣医師会内で情報共有するとともに、東京都獣医師会の会報にも掲載させていた

だきました。

 また、獣医師会支部防災委員だけにではなく、支部員全員に、ペット防災に関する知識を

つけ、地域に貢献できるように、


令和1年10月の支部会にアナイス(ヒトと動物の防災を考えるNPO法人)代表平井潤子氏を講師に招いての勉強会、

令和2年の8月には、平井氏はじめ、世田谷区議の先生、獣医師会防災委員、杉並支部、

現支部長、前支部長、保健所課長、とともに、地震と風水害に関する勉強会を行い、その結

果をまとめ獣医師会で共有いたしました。


杉並支部のみならず、新宿支部、品川支部など隣接した他支部との情報交換にも、力を入れ

るようにしています。


【2】ペット防災せたがやネットワーク(以下P防)と獣医師会の連携について

 P防様が結成されて、令和2年9月に、その活動内容をご説明いただきました。

情報ボランティアとして、素晴らしい活動で、区民にペット同行避難を提供するのに最適と

思い、獣医師会も積極的に協力しています。

 令和2年11月には、保健所、世田谷区議との三者協議、山野小での防災訓練に田部防災委

員長とP坊の浜田代表、斉郷理事2名ともにご参加、取材していただきレポートにまとめて
共有いたしました。→レポート

その後も令和2年12月17日には前述の平井潤子氏と、発災時の情報収集と難しさについて、

過去の失敗例をもとに勉強、検討会議を行いました。

今後も、獣医師会は、

防災のイロハである自助、共助、公助の周知徹底への協力、

時の際に、行っておくべき準備の啓発として、避難所に動物を避難させる場合に必要な
防、しつけ、避難所に持ち込むフード、飲料水、常備薬などの情報提供をするとともに、

P防のポスターの院内掲示、HPへのバナー添付などの協力を行っています。


【3】 今後の課題について    

 獣医師会としては、発災時には基本的に動けませんので、平時のうちに、できうる限り
 P防様等を主体とした、備えを行えねばなりません。

a) ペットの避難場所の確保、飼い主様の防災意識の向上、啓蒙活動

世田谷区では、ペット同伴避難は認められていません。ペット同行避難と言い、飼い

主様とペットの居場所は別々となります。ペットの鳴き声、糞尿の臭い等による、ペット

を飼っていない人とのトラブルを何としても回避しなければなりません。

 

個々の飼い主様の、ペット防災に関する意識の向上も、非常に大切だと思われます。

大きな災害に見舞われた場合、公立の小中学校だけでは、ペットを受け入れる避難場所

としては、圧倒的に数が足りないかもしれません。

さらに、新型コロナ感染症の三密対策により受け入れキャパシティに制限が生じているのが実情です。


昨今では、公設の避難所だけでなく、その他にも個人的な避難先を平時に確保しておき、

臨機応変に避難できるよう「分散避難」を心掛けることが推奨されています。それらの情

報を飼い主様に啓発し、飼い主様自身が複数の避難先を確保しておくことが、喫緊の課題

と思われます。

避難場所設定に関する、衛生面も含んだアドバイスであれば、獣医師会としてもご協力

できるのではないかと思います。


b) 発災時の正確な情報収集と、情報発信について

P防様が、この部分の担当となると思いますが、玉川1ブロックのボランテイアが中心と

なって世田谷全域をカバーすることは、100%不可能です。

保健所では、被災動物ボランティアを区民に対して募集しており、その勉強会等を通じて、

仲間を増やすことが、まず、必要と思われます。

また、獣医師会の先生の中にも、ペット防災のボランティア活動に積極的な患者様等を

ご存知かもしれませんので、獣医師会の先生を介して繋がりを広めることも可能ではないで

しょうか?

 

そして、各ブロックにP防様のような情報に関する拠点となる団体を設置し、互

いに連携を取ることで、多少はパニックを防ぐこと可能だと思います。


 正確な情報の発信は、時間軸に差が生じるため、保健所、獣医師会、P防様等のボラ

ンテイアか密接な連携をとり、オンタイムでの情報管理ができる様に訓練しておくこ

とも、今後の大きな課題でしょう。


【まとめ】

  発災時には、行政、獣医師会、ボランティア団体が行えることは限られてきます。

 いつ起こってもおかしくなく、ちゃんと機能するか疑問な点もあります。

 しかし、平時から少しずつでも各所が連携を取り、問題点をあぶりだし、解決していく

ことにより、被害を減らすことは可能です。

 最後に、飼い主様が、常日頃、イメージトレーニングをすることも、大切だと思います。

為すべき課題は、山積していますが、 獣医師会としても、平時に、できる限り各所と連

携、協力を促し、情報提供も行うことにより、お役に立てるよう、微力ではありますが、

努力を続けていく所存です。


                   



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●世田谷区獣医師会 HP

●世田谷区獣医師会 HP:防災/災害対応